fc2ブログ

2007-12

ウノ セルベサ!

 スペインに行ってきました。

 マドリッドでプラド美術館や、王宮(!)を巡り、
トレドに行ってカテドラルとサント・トメ教会にあるアル・グレコの作品たち、
そしてバルセロナでピカソ美術館やサグラダ・ファミリアに登って、
フィゲラスに行ってダリ劇場美術館で雨降りキャデラックを眺め、
あとはうまい食べ物と酒、欲しかった靴を買いに行く旅でした。
ベタにフラメンコなんかも観ちゃったりして。

 僕は今まで何となく日本人をやっていて、
何となくサムライとかって言葉を使ったりして、
その辺の意味について深く考えさせられました。

 スペインではなるべく観光者風にならないように、
現地の人たちと同じように自分で地下鉄やバスに乗り、
現地の人たちと同じような店で飯を食うようにした結果、
僕はきっと一生かかってもスペイン人にはなれないだろうと思いました。
そのかわり、スペインで30年も暮らしている日本人の方たちが
今も日本人として誇りを持って生きている様とか
ずる賢いほどに強い移民者たちの鋭い目(スリ、ひったくりが多いそうです)や、
なかなかに人情深くてテキトーなスペイン人たちをたくさん見て、
ナショナリズムってやつが少し分かった気がします。
ヨーロッパのサッカーが強い理由もきっとこの辺りにあるんでしょうね。
とにかく宗教と戦争と芸術家の繋がりが深すぎる国。すごい国でした。

 それでも僕はこれからもなんとなく日本人をやっていこうと思います。
欧米調の音楽にしびれながら。
司馬遼太郎と聖書とハリーポッターが並列で読めるこの国が大好きです。

 まだ時差ボケのまっただ中にいます。
オランダ航空は機内食はうまくて映画や音楽は面白くて眠らせてもらえませんでした。
(まさかロシアの上空でダイハード4.0が観れるとは!!)
ぼーっとした頭で、今日はぼちぼち二条nanoに出かけようと思います。
そこは僕の居場所、ってほどの大層なものじゃないけど、
少なくとも友達にはいっぱい会えるから。

 ただいま、ニッポン。
そして、ロッテンマイヤーさんのメガネ、CDリリースおめでとう。
今から楽しみです。

 タイトルは「ビールを一杯」という意味。
一番よく使ったスペイン語でした。

dali.jpg

※ダリ劇場美術館にて。絵から取り出したような椅子に座り、
ダリの妻、ガラへの想いに感銘を受ける筆者。
スポンサーサイト



このページのトップへ