FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つむじまがりのつきあかり

  ご一緒してくれたチナスキーランチボックス、雨市、月とミルクパン、valvaの皆さま、池田屋として花を添えてくれたWIPESのお二人、手相と飲酒で盛り上げてくれたハレルヤよーさん、月とミルクパンはフリマまでやってくれました。そして何より遊びに来てくれた皆さま。本当にありがとうございました。

 いい夜でした。月もきれいでした。初めて会う人や、いつもの愛すべきマイメンたち。環状線に2時間閉じ込められながらもきてくれた人や、久しぶりに会いに来てくれた人や、突然来てびっくりさせてくれた人や、、、いろんな人が来てくれました。

 今回のイベントは、今までで一番いろんな事を考えさせられました。いや、考えさせられています。未だうまいこと総括できてない感じ。うまく言えないけど、今までこのバンドでやってきたことに対して、これからやっていきたいことがなんかとてつもなく多いような気がして、途方に暮れてます。まあ実際には途方に暮れてないので安心なんだが、うーん、でもそんな感じです。

 そんなこんなや、それでも待ってくれない日々の実務生活の中で、まだ全然個人的なお礼が言えてない状況です。この場を借りて…とかは今回に関しては絶対にイヤなので、早急にします。ごめんなさいね。

 『青春デンデケデケデケ』って映画が昔から好きなんだが、その好きな理由の一つがあのエンディングなんです。もし仮に今、スリープウィークが解散したなら、あのエンディングには昨日のライブを使って欲しい。個人的には昨日はそんなライブでした。スリープウィークのライブの出来云々は別として、あくまで個人的に。とりあえずはこの感じをずっと持っていたいから、もう当分イベントやるのはいいや。それくらい、今回のイベントは僕にとってはすごい大きいものになりました。そんなイベントに関わってくれたみんなにはほんとに感謝してます。ありがとうございました。

 イベント前日の夜、練習から帰ってくるとポール・モーリア死去のニュースが。僕の音楽的アイドルでした。っていうか僕の音楽的原体験はまさしく彼でした。うちのおじいちゃんが家族唯一の音楽好きで、そのおじいちゃんが買い与えてくれたゴジラのサントラやキン肉マンのレコードと同じくらい、おじいちゃんが持ってたポール・モーリアのレコードを幼稚園児の頃からよく聴いてました。特に凄まじく高くて深い音楽的アップダウンをたった4分足らずで編曲したエーゲ海の真珠が大好きで、転調や裏メロの感じとかはかなり影響受けてます。僕のアレンジの基礎ですね。そういやリンダさんが昔芸能プロダクションに所属してた時に、なぜか僕と二人で恋は水色をレセプションライブでカバーしたりもしました。4年前くらいに来日した時に、行くかどうか迷って結局行かなかったのが悔やまれます。

 さてさて、生きている僕たちはまた明日が来るので備えましょう。おやすみなさい。

 今日の一曲

 Portishead/over
スポンサーサイト

Comments

Post your comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。